未来を変える!フリーターにおすすめの就職情報特集

*

既卒・第二新卒の違いとそれぞれの就職活動の進め方

   

既卒・第二新卒の違いは?

 就職活動する上で重要な求人情報には、既卒・第二新卒と言うようなワードが記載されていて、それが具体的にどのように違うのか分からず戸惑う就活生が意外と多いようです。確かに就職活動にこれまで関わってきたことがない若い世代のフリーターたちなどは、あまり意識したことも無いでしょうし、具体的な違いもわからないでしょう。では、ここに、既卒・第二新卒の大きな特徴を挙げて違いを見ていきましょう。

★既卒の特徴を示す大きなポイント
・最終学歴となる学校を既に卒業している。
・学生生活終了後まだ就職できていない。
・25歳くらいまでの若い世代。

★第二新卒の特徴を示す大きなポイント
・年齢は25歳まで。
・必ず一度就職経験があること。
・就職後に数年の間に転職を検討している人が対象。

 既卒・第二新卒の特徴を見ると、基本的に若い世代ということは共通しています。しかし、決定的に異なる点が一つあることに気づかれているでしょうか。それは、短期間でも就職経験があるかないかという点です。既卒は全く就職経験が無い方を指し示しますが、第二新卒は短い間でも就職経験がある方が対象です。普段、皆さんにとってあまり意識しないような言葉かもしれませんが、特徴さえ抑えておけば、自分が現在既卒なのか第二新卒なのか判断することができますので、ここでしっかり理解しておきましょうね。

既卒・第二新卒それぞれの就職活動の進め方は?

 既卒でも第二新卒でも基本的に就職活動の進め方が大きく異なることはありません。どちらも求人情報集収から始まり、志望先の採用担当者へ面接や履歴書などで自己アピールし採用してもらう流れはほぼ一緒です。ただし、第二新卒は少しでも就職経験があるわけですから、職務経歴書が余分に提出書類として必要となります。

 また面接上では、既卒者にはこれまで就職していなかった理由やその期間にどんなことをされていたのか必ず質問されますし、一方第二新卒者には、なぜ短期間で転職を決意されたのかということを質問されます。それぞれの立場において質問内容が若干変わりますので、その事を考慮して面接対策もしっかりしておきましょう。既卒・第二新卒それぞれの特徴・立場を理解すれば、自ずと面接で質問される内容や必要な書類も分かってきます。まずは、それぞれの意味や特徴などをしっかり理解し、あなたがどちらの立場なのか把握しながら、就職活動を開始してくださいね。

 - 就職活動の流れ・進め方

  関連記事

no image
就職活動から入社までの基本的な流れ

就職活動から入社までの基本的な流れ  就職活動は、これから就職しようと考えている …

af9920058488l[1]
就職活動の最終目標を考える

就職活動の最終目標は?  皆さんにとって就職活動のゴール・最終目標はどこにありま …