未来を変える!フリーターにおすすめの就職情報特集

*

「年齢別」フリーターがつかえる求人媒体

   

「年齢別」フリーターがつかえる求人媒体

 「フリーター」と一言でいっても、年齢や性別、その他の条件によってずいぶん本人の意識も置かれている立場も違うものなのですが、ここでは年齢層に分けて、現実的に転職活動が成功しそうな求人媒体の利用法を見てみましょう。

20歳~25歳

 “フリーターで何年間かきてしまった・・・”といってもまだ20代ですから、転職市場全体から見ればかなり若い方に属し、本人に「○○がやりたい!」という強い意欲があれば、企業の引く手あまたです。求人サイトや人材派遣会社、ハローワーク、求人誌といった媒体にこまめに目を通し、おもしろそうな企業にはあまり構えないでエントリーし、面接を受けに行くことで社会復帰できます。

25歳~35歳

 30歳前になったのに、履歴書はともかく、職務経歴書にしっかり書くことができる「実務経験」が何もない・・・という現実は厳しいです。アルバイトであっても何か一つの業種(たとえば飲食店の店員やコンビニなど)を数年続けたという実績があればいいのですが。

 しかし「派遣会社」なら少なくとも35歳くらいまでならオフィスワークでも採用してくれる可能性が高いですし、今は「紹介予定派遣」といって派遣で入って頑張ったら正社員化されるコースも普及してきたので、焦る気持ちは分かりますが、最初っから正社員フルタイムなど狙わず、紹介予定派遣を狙うという戦略もあります。求人サイト、人材派遣会社、ハローワーク、求人誌などがお勧めです。

35歳~45歳

 ハローワーク、求人サイト、求人誌、新聞などが主に検索する求人媒体になるかと思われます。35歳を超えると、派遣会社で時給のよいお仕事をもらうのは厳しいという声も多いです。アルバイトや派遣ジョブも今は職務経歴になりますので、何か自分の得意な分野があれば、応募書類をしっかり書けば、「即戦力」として認められることもあります。

45歳以上

 ずっと家に引きこもっていて、20年以上社会参加していない・・・という「高齢引きこもり」の人も非常に増えてきているそうですが、それほどではなくても、「短期・非正規」しか経験のないまま45歳以上になってしまうと行政などが実施している就労移行支援を利用して、そこの紹介で契約社員などを目指すコースもあります。

 - フリーターに対する企業視点

  関連記事

af9920044716l[1]
「業種別」フリーターが応募しやすいと思われる会社

「業種別」フリーターが応募しやすいと思われる会社  いくら応募しても採用されなけ …

af9920061192l[1]
フリーターに対する企業視点

フリーターに対する企業視点  フリーターの男女に対して企業がどのように彼等を見て …